人材・講師募集

ウィンテルアルバイトの声4

大手放送局に就職内定!来年4月から社会人!

ウィンテルでアルバイトを3年経験した尻江知彦さんは、東京工業大学大学院修士2年生。学生たちを引っ張るリーダー的存在の尻江さんに、ウィンテルのアルバイトについて質問してみました。

 

1.応募のきっかけ

「自宅から会社までの距離が自転車で5分と近かった」「学生の就職先に人気のコンサルティングを学んでみたかった」「PCのスキルに自信があった」ことなどがきっかけです。

 

2.社長の印象

気さくでとても話しやすい方です。疑問に思ったことを聞けば、わかりやすく教えてくださいます。学生アルバイトの持っている素質を理解し的確に仕事を割り振っていただいています。

 

3.仕事内容

会計の記帳、セミナーやプレゼン用の資料作成などのPC作業から銀行や買い出しなどの外出作業など業務内容は細かく分ければ60以上になります。スキルを積めば携われる業務が増えます。

 

4.実際に働いてみた感想

事務的な作業は覚えることが多くて最初は大変でしたが、慣れれば作業効率を改善し、提案することもできるので、会社の一員としてしっかり良い影響を与えていること実感しています。

 

5.辛かったこと、緊張したこと

セミナー事務局としての業務は、社会人の方とコミュニケーションをとる機会があり緊張しました。今後自身が社会人になったときに必要な経験ができました。辛いことはありませんでした。

 

6.やりがいを感じること

自分で作った資料がセミナーのテキストや書籍に載り、多くの人の目に触れているということを実感できた時に、仕事のやりがいを感じました。また、成果を認められ社長から特別表彰をいただき時給がどんどん上がりました。

 

7.就活に役立ったこと

社長が大変お忙しい中で、わざわざ時間を割いて大学に就職説明にくる企業の選定をビジネスの視点でアドバイスしてくださったので、選考をする企業を短期間で2、3社に絞り込み内定をいただきました。

 

8.これからウィンテルで働こうと思っている人へ

事務作業だからといって頭を使う必要のない単純な作業ということはありません。資料を作成する時、データを入力する時でも自分のアイデアで出来上がりやスピードは大きく変わってきます。常に作業や成果を向上させる意気込みで仕事に取り組むことで自分の成長とやりがいを実感できると思います。

 

【ウィンテル代表の尻江君の印象】

3年前に選考30倍の高倍率でウィンテルアルバイトに採用されました。採用の決め手は「僕は几帳面な性格です」のアピールです。面接前日には会社所在地を下見した話を後日聞き、立派だと思いました。PCの卓越した技術はもちろん、仕事の出来栄えもとてもきれいで、学生であるのにウィンテルの社員としての意識が高く「依頼者・お客様目線」であることも彼の強みです。彼が卒業するのはとても痛いですが来年4月に就職してからも彼の芯の強さと順応性で順調に成果を上げていけると確信しています。卒業したらアルバイトOBになるので歴代アルバイトのように成長と名刺を手土産に遊びに来てくれるのを楽しみにしています。
 今後のアドバイスは早起きですね!!

 

 募集に関するお問い合わせは、市川までご連絡ください。

ichikawa@wcg.co.jp

TEL 03-3792-7241


ページトップへ戻る